2010年04月19日

<公取委>住友電工産業電線や協和電線など立ち入り(毎日新聞)

 屋内配線用の電線ケーブルの販売を巡り複数の会社が価格カルテルを結んでいたとされる問題で公正取引委員会は13日、独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いで新たに中小企業15社前後と西日本電線工業協同組合を立ち入り検査した。

 関係者によると、立ち入りを受けたのは住友電工産業電線(大阪市)や協和電線(同)など。公取委は09年12月、カルテルを結んだ疑いがあるとして大手の子会社など5社を立ち入り検査。その後の調べで、他の中小企業もカルテルに加わっていた疑いが浮上した。

 住友電工産業電線や協和電線は「立ち入りを受けたのは事実。調査に協力する」と話している。

【関連ニュース】
多摩下水道工事:公取委の「談合認定」取り消し 東京高裁
談合:川崎の23社に排除命令 公取委
独禁法違反容疑:ジョンソン・エンド・ジョンソン立ち入り
公取委:山梨の30社に立ち入り…県発注工事で談合の疑い
空自談合:初の改善措置要求 公取委

「こんなひどい動作見たことない」 トヨタSUV「不買勧告」の起爆力(J-CASTニュース)
普天間移設 5月決着 米に協力要請へ 首相、核サミットに出発(産経新聞)
のりピー夫・高相祐一氏、薬物売買現場撮られた?
交番に硫化水素、39歳男逮捕=以前に近所の苦情申し立て−神奈川県警(時事通信)
海洋堂が原型「せんとくんフィギュア」平城遷都1300年(産経新聞)
posted by イイジマ トクイチ at 19:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。