2010年04月30日

<にっぽんの色>乳白色を後世に 宮城・和紙作り(毎日新聞)

 「同じ色のものは二度と作れません」。乳白色の和紙をなで、遠藤まし子さん(87)はつぶやいた。宮城県白石市に平安時代から受け継がれた和紙作り。今では白石和紙工房だけがその技を伝えている。

 11月に収穫したコウゾを「やるせないくらい冷たい」水に浸して皮をむくなど下準備をする。年間約3トンを生産する。

 13年前に職人だった夫・忠雄さんが亡くなり、まし子さんが工房を継いだ。実際の作業は近所の主婦5人で行うが、紙がすけるのはそのうち73歳の1人だけ。柔らかく、温かい色の和紙は、しわしわの「おばあちゃん」の手が作っている。

         ◇

 「乳白色」は乳のように不透明な白。和紙の白は原料のコウゾの部位によって微妙に変化する。【梅村直承】

春の褒章 歌手・都はるみさん(62)謙虚な気持ちで前向きに(産経新聞)
小沢氏起訴に現実味=結論、なお流動的(時事通信)
「ただちに避難してください」…警報誤送信(読売新聞)
<事業仕分け>11法人35事業を精査 3日目スタート(毎日新聞)
秋田産リンゴ、青森産と表示 青森の業者販売(河北新報)
posted by イイジマ トクイチ at 23:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。